親記事を表示

親記事 - URL
名前:イシュト(T003/371子兎)
2014/10/26 23:33
 
テイオーは既に鬼籍に入り、残された産駒数もあと僅か。日本競馬史に燦然と輝く皇帝〜帝王の物語も最終章に入った感は否めません。

このまま終幕を迎えるのか、新たな物語が紡がれるのか、最後まで見届けようと思いますので、宜しくお願いしますm(_ _)m

レス3 - URL
名前:イシュト(T003/371子兎)
10/26 23:39
 
第4世代
ストロングブラッド(かしわ記念、カブトヤマ記念…勝つ重賞が悉く廃止となった事から、某掲示板では死神と呼ばれる。個人的にはウチパクの存在を最初に教えてくれた馬)
ホーマンウイナー(アーリントンC2着…芹沢のカブトヤマ記念6年連続2着を期待したが…)
トウカイアロー(トウカイオスカーの全兄。ゆりかもめ賞でシンボリクリスエスを下す)
エイシンシーマ(笠松で無傷の17連勝。中央入りした時は結構期待したが、中央では1000m専用機だった)
コスモディグニティ(ドージマムテキの半弟。新橋→特別を連勝した時はホーマンウイナーと共にクラシック出走を期待したが、京都新聞杯から尻すぼみに)

第5世代
マイネルソロモン(プリンシパルS、スワンS2着…親子3代無敗でダービー出走を果たす。コスモバルクの帯同馬として香港に渡って際に熱発を発症しておかしくなったのが悔やまれる)
ナチュナルナイン(アルゼンチン共和国杯2着…地方在籍のまま夏の北海道で3連勝。ネオユニヴァースの3冠を阻むのはこの馬と期待したが…)
スターイレブン(中日新聞杯3着…OP入りした時は重賞でも通用すると思ってたが、マイラーズCで外傷を負って大敗してからディセンバーS限定でしか走らなくなった)
カラメルアート(京王杯2歳S3着…金子服の好馬体。中央移籍当初は確変してた柴山主戦で期待したが、中途半端な感じに終わる)
ダイイチミラクル(10歳まで走り、準OPで着を拾う程度の実績だったが、最底辺の状態だった柴田大知の復活を語る上で欠かせない存在)

 

 
←前レス次10件→
最初最新10件
このスレッドに返信

 
競馬VISTA
競馬VISTA競馬VISTA掲示板スレ一覧